「避妊に失敗したら、緊急避妊薬を飲む」は、若いカップルに必ず知っておいてほしい選択肢です

避妊しないセックスをしたり、避妊に失敗すると、望まない妊娠をする可能性があります。
100%ではないものの、その可能性を減らす方法があります。

緊急避妊です。

緊急避妊のポイント

セックスの後、72時間以内に服用する

緊急避妊薬は、1回だけ飲むお薬です。
セックスしてから72時間以内に飲む必要があります。なるべく早い方がよいです。

セックスした当日、遅くても翌日には産婦人科を受診してお薬を飲みましょう。

処方してくれる産婦人科を探そう

ほとんどの産婦人科で処方してもらえます。
産婦人科を受診してください。

緊急避妊薬を処方してもらえる産婦人科を探す場合、下記のURLも参考になります。
緊急避妊に係る取組について(厚生労働省HP)

緊急避妊薬を飲むことは、恥ずかしいことではありません。
産婦人科を受診することも、あなたの健康を守るためにはとっても大切なことです。

多くの場合、緊急避妊薬は内診を受けなくても処方してもらえます。
勇気を出して、産婦人科に行ってみましょう。

効果は80%程度である

定期的に服用するピルと異なり、効果が100%ではありません。
お薬を飲んだタイミングが排卵日に近いと、排卵を抑制しきれないことがあるためです。

効果については、動画で詳しく説明しています。

お薬を飲んだ後の月経が遅れた場合には、妊娠検査薬でチェックしましょう。

副作用が出ることがある

吐き気などの副作用が出ることがあります。頻度は2%~15%程度と報告されています。
お薬を飲んですぐに吐いてしまったときは、お薬がまだ吸収されていない可能性があるので、お薬をもらった産婦人科と相談してください。

それ以外に、頭痛やめまい、不正出血などの副作用があります。
頻度は吐き気ほど高くはありません。

セックスするなら、確実な避妊をしよう

セックスをするカップルなら、

  • セックスは、お互いの同意のもとでするものである
  • セックスすると、妊娠する可能性がある
  • セックスすると、性感染症にかかったりうつしたりする可能性がある

ことと同時に、避妊する方法や性感染症のリスクを下げる方法も知っておく必要があります。

避妊する方法の一つとして、緊急避妊は大切な選択肢です。
特に、若いカップルには必ず知っておいてほしいと考えます。

もちろん、緊急避妊はベストな選択肢ではありません。
「これからはより確実な避妊を実践してね」という気持ちを込めて処方しています。